台湾留学

台北でオススメの語学学校「台湾師範大学語学センター」学費と学校の雰囲気を紹介

  1. HOME >
  2. 台湾留学 >

台北でオススメの語学学校「台湾師範大学語学センター」学費と学校の雰囲気を紹介

台北で語学学校に通いたいのですがどこがオススメですか?台湾師範大学語学センターが良いと聞きましたが、学費と学校の雰囲気を知りたいです。また、実際に台湾師範大学語学センターに行った方の体験談なども聴けると嬉しいです。

本記事の内容

  • 台北でオススメの語学学校「台湾師範大学語学センター」
  • 台湾師範大学語学センターの学費
  • 学校の雰囲気はどんな感じ?
  • 日本人は多いのか?
  • 入学する時にテストはするの?
  • 台湾師範大学語学センターに通った僕の経験談
  • 台北語学学校まとめ

この記事を書いている僕は台湾に留学して3年目。

もちろん、最初に中国語を学んだのは記事タイトルにもある通り、師範大学の語学センターです。

今回は、そんな僕の経験を踏まえ、皆様に師範大学語学中心を紹介して行きます。

それではご覧ください。

台北でオススメの語学学校「台湾師範大学語学センター」学費と学校の雰囲気を紹介

台北に来る方の目的は様々。

勉強、仕事、旅行などなど。

そんな中で今回は勉強の部分です。

語学を勉強するならもちろん語学学校は欠かせない勉強の場となっています。

そんな中、今回は台北で僕がオススメする語学学校「台湾師範大学語学センター」について。様々な読者さんの疑問について答えて行きます。

それではご覧ください。

台湾師範大学語学センターとは?

正式な名称は台湾師範大学語学学校中心(マンダリントレーニングセンター)

台湾の台北にある有名な「国立台湾師範大学」によって運営されている語学学校です。

世界70カ国にあり、生徒数、教師数も普通の大学と何ら変わりありません。

ここには、優秀な中国語の先生に加え、レベル分けされた豊富な授業があります。

通えば、中国語進歩間違えなしの台北で最も素晴らしい語学学校と言って良いでしょう。

台湾師範大学語学センターの学費を紹介

学費は下記の写真の通り

団体クラスから個人クラスまで様々。

基本的に団体クラスを選ぶ方がほとんどです。

週に15時間と、時間の割に少し学費が高い気はしますが、中国語をその分早く習得出来る授業内容になっています。

少しでも中国語を早く習得したいのならば、絶対に密集班Aを選びましょう。

人数が少なく、中の生徒もある程度中国語についての知識を持っています。

その点、人数が多いクラスは中国語初心者や、始めたばっかの方が多く、ゆっくり中国語を学んで行きたい方にオススメです。

時間に比較的余裕がある人、自分は覚えが悪く、ゆっくり進めて行きたい方は人数が多いクラスを選びましょう。

普通班と密集班の違い

ここで気になるのは普通班と密集班の違いって何?だと思います。

下記にて解説してます。

普通班とは?

  • 普通班(レギュラーコース)の事。
  • 1日2時間の授業(1時間は自分で自習)
  • 普通班Aは6−10人
  • 普通班Bは13−20人

密集班とは?

  • 密集班(インテンシブコース)の事
  • 1日3時間の授業のみ
  • 密集班Aは6−9人
  • 密集班Bは13−20人

師範大学語学センターには日本語と中国語のホームページが存在

中国語のページはこちら

日本語のページはこちら

中国語が全く分からない方にはとっても嬉しいですね。

これは師範大学ならではのポイントです。

学校の雰囲気はどんな感じ?

師範大学の学校の雰囲気はズバリ他の語学学校と比べても、生徒同士が仲良く先生も比較的優しいです。

実際に通わなければ分かりませんが、

学校の中には図書館自主室カフェベンチ、などがあり、集中したい時や、リラックスしたい時の区別が出来ます。

学校の近くには夜市や食べ物屋さん、飲み物屋さんも多く、昼ごはんや夜ご飯には困らない環境がたくさん。

家が借りれない方のために寮までもがあり、学校全体の雰囲気、環境はとても素晴らしいです。

日本人は多いのか?

台湾師範大学語学センターは日本人にとても人気の学校と言われています。

教室に2人以上は日本人がいると思って良いでしょう。

ですが、レベルが上になればなるほど、日本人率も減って行きます。

台湾に来て、日本語を喋ってなく、寂しい方は台湾師範大学語学中心に入学し、日本人の友達を探すのもありです。

比較的、日本人と言っても、30代40代の方が多く、学生は少ない傾向にあります。

入学する時にテストはするのか?

結論はします。

具体的にはクラス分けテストがあり、テストの点数によって、自分のクラスがどこか決まります。

クラス分けテストでは、面接と筆記テストがあり、大体1時間半程で終了します。

テスト自体はある程度、中国語の基礎が分かっていれば、難しい事はないですが、全くの初心者だと、全く分からないです。

面接では、どこ出身か?今はどこに住んでいるのか?といった、簡単な事を聞かれます。

面接官も、ゆっくり話すので、ある程度中国語が分かっていれば、聞き取れるレベルです。

台湾師範大学語学センターに通った僕の経験談

たくさんの外国人を受け入れた台湾師範大学の先生は教え方がうまく、良かったです。

中の生徒も優しく、一緒に中国語をレベルアップ出来る環境が整っていました。

最初は全く中国語出来なかったけれど、3ヶ月通い、日常会話が問題なくなるまで出来る様になりました。

レベルアップシステムがあるので、今の教室が合わなかったら、レベルが上の教室に行く事が出来るので、その点はやりやすかったです。

これから台北に中国語学びに来る方には台湾師範大学はとてもオススメです。

何より、学校の環境、設備、が良く、とても過ごしやすいし、図書館や、公共施設などは、そこの学生ならばタダで使用する事が出来るので休日などでも、ここに来て勉強、リラックスする事が出来ます。

学費は他の語学学校に比べると、値段が高めだけれど、学べる物はとても多いと思います。

台湾師範大学語学センターまとめ

こんな感じです。

いかがでしたか?

以上が台湾師範大学語学センターについてです。

この記事を見て、台北で中国語を学びたい方が師範大学語学センターに行き、中国語を学んでくれれば嬉しいです。

その他、分からない事、知りたい事がありましたら、コメントしてくださればお答えします。

ymtwblog

このブログでは台北在住4年目の僕が、台湾情報、中国語学習について発信して行きます。当ブログを見て台湾の事が一層好きになってくれると嬉しいです。また、台湾に留学したい方のための記事も書いているので、是非ご覧ください。

-台湾留学

© 2021 YMblog Powered by AFFINGER5