台湾生活 台湾留学

台湾の大学に通いながらバイトしたら1ヶ月でどれくらい稼げるのか?

  1. HOME >
  2. 台湾生活 >

台湾の大学に通いながらバイトしたら1ヶ月でどれくらい稼げるのか?

台湾の大学に通いながらバイトをすると1ヶ月ではどれくらい稼げますか?また、台湾の現在の時給と働く環境も知りたいです。

こういった疑問に答えます。

この記事は3分程で読めます。

本記事の内容

  • 台湾の時給について
  • 学生しながらだと1ヶ月でどれくらい稼げるのか?
  • 台湾の働く環境は良いのか?
  • ぶっちゃけ両立はきつい?
  • まとめ

この記事を書いている僕は台湾の大学に通いながらバイトをする生活を1年続けました。

この記事では台湾に住んで4年目の僕が今回の記事を解説します。

今年台湾に留学する方、来年台湾に留学する方、バイトを経験する事が絶対にあると思います。

この記事を読み終われば台湾のバイト事情について理解が深まります。

それではどうぞ

台湾の時給について

まずは、台湾の時給から。

これは、バイトをするならば知っておきたい事実。

結論を言うと、160元〜200元の範囲内です。

台湾の現在の最低賃金が160元

日本円にして635円程

日本人からして見ると、なんじゃこりゃって金額ですね。

けれど、台湾で生活するならば、問題ない金額でもあります。

参考までに、仕事別の平均時給についてをまとめました。

メモ

飲食店 : 160元〜170元

夜のお店: 200元〜300元

語学教師: 400元〜500元

ざっと、学生が出来る時給換算のバイト一覧はこんな感じになります。

圧倒的に夜のお仕事、日本語教師が高い事が分かりますね。

けれど、その辺のお仕事は出来る人も限られていますから。

地道に稼ぐなら飲食店が無難でしょう。

リニューアルオープンするお店ならば時給は最初から高い

言葉の通りです。

飲食店の場合高確率で時給はその辺の飲食店よりも高いです。

これは日本でも同じではないでしょうか?

意外と、台湾の大学に入学したての年は飲食店なども新しくお店を出しやすい時期。

ネットなどで探して、応募をかけましょう。

ちなみに僕がオススメするバイトの掲示板はこちら

様々な職種があり、

自分に合った職種を選ぶ事が出来、

日本人留学生が1番活用している掲示板とも言われています。

ちなみに、バイトの他にも賃貸やお部屋探しなどの目的でも探す事が可能です。

学生しながらだと1ヶ月でどれくらい稼げるのか?

結論から言うと20000元〜25000元

この数値が平均的な数値です。

夏休みなどになると、30000元いく事もありますが、あくまで、学校と両立なので。

日本円に換算して約80000円程

台湾で生きていく分なら、無駄遣いをしない限り十分なお金です。

ちなみに、夜のお店などで働くと平均30000元〜40000元程稼げます。

ならば、日本語教師は?と疑問を抱く人がいると思います。

この場合だと、時給が高くても、働ける時間が限られた少ない時間なので、思った程は稼げません

小銭程度の感覚と思って良いでしょう。

下に台北での1ヶ月の生活費をまとめているので、是非ご覧ください。

こちらもCHECK

台湾 台北での生活1ヶ月の生活費はどのくらいかかるの?

台湾 台北で生活したいけど、1ヶ月の生活費がどのくらいかかるのかを知りたい。家賃、交通費、食費、様々な費用の詳細なども知りたいな。ついでに、台湾旅行にはどのくらい持っていけば良いのかを教えて欲しい こ ...

続きを見る

ぶっちゃけ20000元稼ぐ上での労働時間はどれくらい?

結論は120時間程。

毎日つめつめでもなく、週5日の1日6時間程で達成できます。

自分のスケジュールと体調を見た上で、バイトはしましょう。

海外留学へ来て本末転倒になっては行けませんよ。

飲食店でも、時給がアップし180元程になれば、シフトを減らしても20000元程は行くでしょう。

台湾の働く環境は良いのか?

ぶっちゃけると、とっても良いですね。

台湾人の先輩は面倒見がとても良く、教えるのも上手なので、1週間もすればバイトが楽しくなるでしょう。

けれど、それを片手に自分勝手にやると、すぐ嫌われるので注意するべきです。

僕が個人的にオススメするのは日系の企業ですね。

日系企業のメリットを3つ挙げてみました。

日系企業メリット

オーナが日本人

アルバイトは日本人が絶対にいる

お店は綺麗

こういった所です。

もちろん台湾の飲食店でも言えますが、最初は慣れとして日系を選んどいた方が無難でしょう。

ぶっちゃけ両立はきつい?

結論はそんな事ありません。

大学のシフトとバイトのシフトを見ながら、自分の出来る範囲、無理ない範囲でやる事が前提です。

けれど、20000元のは台湾の大学生からしたら、とても大金。

疲れるには疲れますが、日本人からしたら軽い物です。

仕送りがあまりない方、絶望をしなくても大丈夫です。

朝から晩まで働かなくとも、1日6時間を週5やるだけで、簡単に届く金額です。

ぶっちゃけ、留学をしているので、学業に専念したい気持ちも分かりますが、

バイトをする目的として、

お金とは別に自分の中国語をもっと上手に出来る事を考えたら、

お金も貰えて、中国語も上達すると考えたら、とってもお得だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

台湾に留学してバイトするとこんな感じの賃金になります。

これが多い、少ないは別として、台湾でバイトをするって言う経験と思えば良いでしょう。

お金を貰えて、中国語も上達する。

こんな良い事他にありません。

一方で、台湾にはたくさん違法にお金を稼ぐ人がいますが、近づかない様にしましょう。

誘惑に負けず、自分に強くありながら、幸せな台湾ライフを築きましょう。

今回は以上です。

ymtwblog

このブログでは台北在住4年目の僕が、台湾情報、中国語学習について発信して行きます。当ブログを見て台湾の事が一層好きになってくれると嬉しいです。また、台湾に留学したい方のための記事も書いているので、是非ご覧ください。

-台湾生活, 台湾留学

© 2021 YMblog Powered by AFFINGER5