台湾留学

台湾留学後の就活に悩んでる方へ[台湾留学後の進路はどうすればいいの?]

  1. HOME >
  2. 台湾留学 >

台湾留学後の就活に悩んでる方へ[台湾留学後の進路はどうすればいいの?]

台湾に留学したら就職はどうすればいいですか?留学したら就職で有利になれますか?

また、日本で就職した場合と、台湾で就職した場合の違いを教えてください。

こういった疑問に答えます。

こんな方におすすめ

  • 台湾に留学したら就職はどうすればいいの?
  • 台湾に留学したら就職で有利になれるの?
  • 台湾留学後に日本で就職した場合
  • 台湾留学後に台湾で就職した場合
  • 台湾留学就職まとめ

この記事を書いている僕は、台湾在住3年目。

台湾で働きながら生活をしています。

実際に日本での就職経験はないですが、台湾に留学していた周りの先輩達の話を踏まえた上で、この記事を書いています。

意外と、台湾留学し終わった方達の進路は様々で、聞いていて、とっても有益でした。

今回は、この記事を見ている、悩んでいる読者さんに向けて台湾留学後の進路について僕が解説していきます。

それではご覧ください。

 台湾留学後の就活に悩んでる方へ[台湾留学後の進路はどうすればいいの?]

就職と聞いて、めんどくさいと思う方がほとんど。

留学している分、日本を離れているから、就職不利じゃない?こう思っている方がいるのも事実。

けれど、そんなネガテイブ思考はやめて、ポジテイブに考えましょう。

まずは、台湾に留学後の進路について選択肢を下記に記載しました。

台湾留学後の進路

台湾で就職する

日本で就職する

自分でお店を持つ(あまり現実的ではない)

大まかに分けるとこの3つ。

誰でも知っている事ですね。

まずは「台湾で就職する」から

台湾で就職する

1番楽で簡単な選択肢です。

台湾では、就活自体そのものがありません。

求人を見て、応募があったら、応募して、面接に行き、お眼鏡にかなったら、晴れて入社。

日本の様に、エントリーシートを書いて、面接や試験を受けるなど、そんなめんどくさい事はありません。

しかも、日本人の場合給料が約48000元(約130000)と保証されており、台湾で普通に生活する分には問題ないくらい給料が貰えます。

けれど、中国語が中途半端だったり、怠けていたりしていたら、仕事に真面目な台湾人からは嫌われるでしょう。

台湾就職で気をつける事

台湾の文化をしっかり理解する

中国語はもちろん、台湾語も少し喋れる様にした方がいい

給料が上がる事はあまり期待しない事

この3つを理解した上で、台湾で就職ライフを楽しみましょう。

次は、「日本で就職する」について

日本で就職する

台湾で留学している方からすると、日本での就職は少し困難。

4年間就活未経験、就活の時期には台湾の大学のテストがある。

こういったハンデを背負う事になります。

けれど、1年生から夏休みに日本に帰り、インターンなどに参加していれば、そのハンデを少しでも取り返す事ができます。

台湾留学している日本人からすると、日本での就職は色々難しい事があるけれど、台湾で留学した経験、言語などの強みを最大限に生かせば、他の就活生よりも、格段に有利に進む事ができます。

また、台湾が好きな日本人学生でも、日本で就職してから、台湾へ駐在員として、向かう事が出来る企業を選ぶ事によって、再び、台湾での生活も可能となってきます。

日本での新卒給料は平均20万円。

台湾ドルに換算しても台湾よりもはるかに給料が高いです。

台湾留学生が日本で就活をする際に気をつけておきたい事は3つ

台湾留学後で日本に就職する際に気をつける事

留学が強みになるとは限らない

行きたい企業のリサーチは念入りに

中国語はあくまでスキル、ポイントが上がるわけではない

この3つです。

台湾に留学した事で中国語や台湾の文化が分かった所で、就職に有利になるとは限りません。

最終的には自分がどれだけ、その企業について理解出来ているか、自分にその企業は合っているのか。

この2つを頭に踏まえた上で日本就職ライフを楽しみましょう。

 自分でお店を持つ

難易度が高いですが、就職したくない方、成功を納めたい方にオススメ。

けれど、自分でお店を持つ事はそんなに容易な事ではありません。

資金

人材

設備

体力

気力

この様にたくさんの事を必要とされます。

開いた後でも、どれだけ続けれるか、どれだけ売り上げを伸ばせれるか、などに目を止めなくてはなりません。

もし、台湾でお店を持つ、日本でお店を持つ、そんな夢がある方は大学の内にバイト、インターンなどに行きまくり、企業がどうやってお金稼ぎをしているのか、お客はどうやったら付いてくるのか、などに目を止め、研究をしましょう。

台湾に留学したら就職で有利になれるの?

結論はなれません。

日本で大学を卒業した学生と同じ様な扱いを受けます。

「中国語が出来るから評価される」

こう思っている方は大間違いです。

もちろん、中国語が必要な企業であれば、もちろん評価はされますが、ごく一般的な企業であれば、そんなのはありません。

むしろ、他の日本人学生と比べると、就活の時期が少し遅れてしまうので、不利になってしまう場合があります。

けれど、就職後に上司などに、留学経験がある、中国語が出来る、などとアピールすると、評価は上がるみたいです。

台湾人の留学生からすると、日本で就職する事は他の日本人大学生と比べると少し困難ですが、入社が決まった後であれば、評価されるスピードは格段に早いです。

台湾に留学している方でも、1年生の内から、自分の行きたい企業のインターンなどに参加して、企業の事を理解出来れば、他の日本人大学生よりも優位に立つ事が出来るでしょう。

また、あえて1年浪人する事も考えた方がいいです。

1年浪人する事で、空いた時間で企業の研究や、自分のやりたい事に目を向ける事が出来、将来の視野が大幅に広がります。

決して4年間で大学を卒業し、就職だけが道ではありません。

自分にとって最善の選択をし、準備、研究をしっかりとした上で自分の決めた道に進みましょう。

台湾留学就職まとめ

いかがでしたか?

以上が今回の記事の内容です。

自分のやりたい事、夢を明確にし、将来に置いて今の自分には何が必要なのかをしっかりと考えましょう。

台湾での留学であなたは格段に成長しています。

精神面、語学、文化の違い、考え方、などなど。

他の日本人大学生では絶対にない物を台湾に留学しているあなたは持っています。

台湾に留学した事を自分でアピールしながら、就職に取り組む事で就活に遅れた分を取り戻し、さらに他の日本人就活生よりも優位に立てる様に活用しましょう。

前提として、自分のやりたい事をまず優先するのではなく、やりたい事に向けて何をすべきかをピックアップしてそれを一つずつ潰す事に専念しましょう。

そうすれば必然と自分の夢、目標に近づいて行きますよ。

時にやりたくない事、嫌な事があるかもしれません。

それを乗り越えた先にはいい未来が待っています。

諦めず、台湾留学の経験を生かして就活を頑張りましょう。

今回はここまでにします。

ymtwblog

このブログでは台北在住4年目の僕が、台湾情報、中国語学習について発信して行きます。当ブログを見て台湾の事が一層好きになってくれると嬉しいです。また、台湾に留学したい方のための記事も書いているので、是非ご覧ください。

-台湾留学

© 2021 YMblog Powered by AFFINGER5