台湾生活

台湾 台北での生活1ヶ月の生活費はどのくらいかかるの?

  1. HOME >
  2. 台湾生活 >

台湾 台北での生活1ヶ月の生活費はどのくらいかかるの?

台湾 台北で生活したいけど、1ヶ月の生活費がどのくらいかかるのかを知りたい。家賃、交通費、食費、様々な費用の詳細なども知りたいな。ついでに、台湾旅行にはどのくらい持っていけば良いのかを教えて欲しい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 台湾 台北での生活1ヶ月の費用はどれくらいかかるの?
  • 最低限にかかる費用の詳細
  • 台湾旅行でかかるお金(2泊3日設定)
  • 台湾 台北生活まとめ

この記事を書いている僕は台湾に留学して3年目。

この記事では僕の実体験を基づいて、1ヶ月にかかる最低限の費用を書いています。

あくまで、台湾留学生に向けた記事なので、社会人には参考にならないです。

台湾 台北での生活1ヶ月の生活費はどのくらいかかるの?

台湾は物価が安いから、「日本人からしたら余裕で生活できるだろ」

こう思っているのは大間違いです。

台湾での給料で1ヶ月生活しようとすると、貯金は愚か、遊びに使う費用もないかもしれません。

物価が安い分、給料も日本と比べたら安くなるので、甘く見てかかると、痛い目にあいますよ。

なお、今回は学生視点で値段設計しているので、社会人の方はあまり参考にならないかもしれないです。

1ヶ月最低でもかかるお金は約20000元(73000円)

ちなみに、台湾に親戚がいて、家賃がかからないよって方は10000元もかかりません。

この先は費用の詳細について書いて行きます。

それではご覧ください。

最低限にかかる費用の詳細

最低限にかかる費用の詳細は下記の通り

最低限にかかる費用

  • 家賃(光熱、水道)
  • 食費
  • 交通費
  • 携帯
  • 雑費

それでは解説していきます。

家賃(光熱、水道)

光熱水道も合わせて1ヶ月約10000元(36000円)

学生はこの辺りが相場です。

台湾で家を探すコツは写真に惑わされないようにする事です。

10000元以下の家は写真では綺麗に写っているけど、実物は牢獄みたいな感じの所が多々。

なので、絶対に現物を見て検討しましょう。

補足ですが、学生寮に住めば格段に安く済みます。

学校ごとで違うので、なんとも言えませんが、僕の行ってる学校だと1学期10000元(半年で10000元)です。

食費

台湾では1日200元もあれば満足に食べられます。

1ヶ月6000元

1食あたり60元の計算です。

参考までに僕の1日の食費を公開します。

  • 朝:朝ごはん屋さんの蛋餅と飲み物 40元
  • 昼:学校近くのパスタ 100元
  • 夜:適当な屋台で60元以内ぐらいに納めます。

交通費

1280元の定期を使いましょう。

その定期があれば台北市内は地下鉄もバスも乗り放題です。

買う前にしっかりと計算をしましょう。

台北の地下鉄は安いので、人によっては1000元以内に交通費が収まる事があります。

僕の場合はバイトと学校、細かい移動もあるので、1280元の定期が圧倒的にお得でした。

参考までに、1280元の定期の買い方、良さを記事にまとめたので、是非ご覧ください。

こちらもCHECK

【1280元で電車乗り放題台湾 】 台北にあるとってもお得な定期

台北で電車に乗りたいけど、毎回お金チャージするのめんどくさいな。なんかお得な電車の定期とかないかな。定期を買うメリット、デメリットをついでに教えてくれると、さらに嬉しいな。 本記事の内容 台北にあると ...

続きを見る

携帯

台湾の1ヶ月でかかる携帯代は多くても500元以内。

399元のお得なセットもあるので、携帯屋さんに聞いてみましょう。

台湾でのオススメ携帯屋さんは

  • 台灣大哥大
  • 中華電信

この2つのどちらかにいけば間違いはないです。

携帯屋さんによって色々なプランがあるので、上の2つ以外の所を見るのもありです。

自分に合ったプラン、携帯を選びましょう。

雑費

お風呂、選択、ノート、勉強用具、友達付き合い、などなど

全部丸々で2000元ぐらいの予算を考えましょう。

実際に5000元程の予算をとってもありです。

僕の設定した20000元には上の金額を足してもだいぶ余裕があります。

友達付き合いは留学する上でとっても大切な事です。

日本人なので、どうしても卒業するには台湾人の友達が必要不可欠。

レポートテスト大学の事

特にこの3つは台湾人の助けを借りれば、楽にやれます。

定期的に台湾人友達とは遊びにいきましょう。

台北旅行でかかるお金(2泊3日)設定

旅行では常に余裕を持つことが大切です。

10万円ぐらいは持って行きましょう。

  • 航空機:5万円〜(稀に格安航空が2〜3万円程の価格を出している場合も)
  • ホテル代:3万円(このくらいの予算であればそこそこ良い所に泊まれます。(安く納めたい方は1万円程のホテルもある)
  • 食事代:1.5万円(高級な所に行っても問題ありません。(夜市や台湾料理で納めれば5,000円程で足ります。)
  • お土産代:3000円(パイナップルケーキや台湾独自の物は基本的に安いです。ちょっと良い物を買いたい方は5000円程準備しましょう。)友達がいない方はこの費用を食費に当ててもOK
  • 移動費:2000(これで足ります。台北の地下鉄、バスはとっても安いです。75円~250円程でどこにでもいけます。)

稀に、5万円程で旅行出来ると言う方がいますが、航空機代が100%入ってないです。

台湾 台北生活まとめ

留学すると、時間が過ぎるのはあっという間です。

僕も留学した当初、長い4年間頑張ろうという気持ちでやっていたけど、いつの間にかもう後1年。

時間とお金は有効的に使いましょう。

何も考えずにお金や時間を使っていたら、その時は楽しいかもしれませんが、1年後、2年後に絶対に後悔します。

特にお金の面では僕も様々な失敗をしてきました。

だからこそこの記事を見ている貴方には失敗して欲しくない‼︎

台湾の様子を日本にいるうちから知って欲しいです。

留学費用を安く済ませるには、こういった記事を見るか、実際に留学している先輩などに聞くのが1番。

もし、聞くひとがいないのならば、気軽に僕に聞いてください。

というわけで今回は以上です。

 

 

 

ymtwblog

このブログでは台北在住4年目の僕が、台湾情報、中国語学習について発信して行きます。当ブログを見て台湾の事が一層好きになってくれると嬉しいです。また、台湾に留学したい方のための記事も書いているので、是非ご覧ください。

-台湾生活

© 2021 YMblog Powered by AFFINGER5