中国語学習

[完全保存版]たった三ヶ月で中国語をマスターした僕の学習方法を公開

  1. HOME >
  2. 中国語学習 >

[完全保存版]たった三ヶ月で中国語をマスターした僕の学習方法を公開

どうやって中国語を学習したらいいんですか?学習の仕方を教えてください。また、日常会話を喋れる様にするためには大体どのくらいかかるのかを教えてくださると嬉しいです。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 中国語を日常会話まで喋れる様にする4つのステップ
  • どのくらいで日常会話まで喋れる様になるのか?
  • 中国語学習まとめ

この記事を書いている僕は中国語勉強して3年目。

今では、学校仕事、共に両立、中国語も問題なくやっていけてます。

中国語を勉強したての当初は、全く学習方法が分からず苦戦していました。

そんな苦労を今から中国語を勉強する方にはして欲しくない。

そんな思いからこの記事を書きました。

今、中国語学習を始める方にはこの記事を見るだけで、中国語学習方法が分かり、

尚、3ヶ月で日常会話まで身に付く、そんな中国語学習方法をお届けします。

将来いい仕事につきたい。けど大学に行きたくない。かと言って就職はしたくない。そんな時に助けてくれたのが中国語を学ぶことです。

中国語との出会いに感謝しながらこの記事を書いていきます。

それでは早速見ていきましょう!

たった三ヶ月で中国語をマスターした僕の学習方法を公開

3ヶ月で中国語をマスターしたなんて嘘だ、本当はもっとかかっただろとか言う方がほとんど。

実際に信じてもらえないのが当たり前。

そんなすぐ無理という人達には関わらず、まっすぐ中国語を勉強した結果、3ヶ月で中国語をマスターできた経緯にあります。

決して楽ではないけれど、目標があったからこその中国語マスター。

今回は、そんな僕の中国語学習方法(3ヶ月で日常会話マスター)です。

それではご覧ください。

中国語を日常会話まで喋れる様にする4つのステップ

まずは、4つのステップから順を追って解説していきます。

具体的な4つのステップは下記の通りです。

Step1

  • 目標設定: 中国語を日常会話レベルにする

Step2

  • 環境設定: 自分を中国語しか喋れない環境に置く、もしくは、教室に通う

Step3

  • 基礎理解: 勉強の仕方がよくわからない?

Step4

  • 実践練習: 中国人、中国語を喋れる人と喋ってみる

それでは、ステップ毎に解説していきます。

step
1
目標設定

目標設定は中国語を日常会話レベルまで引き上げる事にしましょう。

実際に自分の目標がある方はそちらを採用してください。

目標を掲げる理由は、簡単に諦めない状況を作る事と、達成感を見出すためです。

僕が思うにこの先の時代中国語が出来るだけで、優遇される時代だと思います。

そのためにも難しいから諦めると言う状況を少しでも減らすため、目標を自分の中で設定しましょう。

はっきり言って中国語を日常会話レベルまで上げることは簡単です。

簡単な手順を説明します。

  1. 中国語を喋らないとなにもできない国に行く。(一番良いのは、台湾、二番目は中国)正直言って中国はあまりオススメしません。理由は言わなくてもみんな分かると思います。)
  2. 向こうの現地の語学学校に行く。(なんだ、結局学校に行くのか、と言う人もいます。学校に行く目的は、勉強ではありません。友達を作るためです。意外と語学学校は高校や大学見たいにきつくはありません。)
  3. 自分で中国語の教科書を買ってみる。中国語の教科書って何を買えばいいの?こういった疑問を持つ方に、僕がとってもオススメする教科書を下記に貼りました。

この教科書は、台湾に留学、住んでる方ならば誰もが知る師範大学が作っている教科書です。

実際にこの他にもまだ続編がありますが、一般的にこの3冊を読み終われば、日常会話は問題なくなる感じです。

僕がこの本をオススメする理由はずばり3つ

  • 勉強が苦手な人でもやる気が出るように作られている
  • 初めて中国語を学ぶ人でも、分かるように作られている。
  • 一番は、僕でも、この本を学び終わる頃には、日常会話が出来る様になっている。

こんな感じ。

他の本には無い物がこの本には全て詰まっています。

実際に3ヶ月で日常会話が喋れる様になった僕が使っていた本なので間違いはないでしょう。

step
2
環境設定:中国語教室に通う、台湾に行く

もし完全に中国語について何も分からないのであれば初めは、中国語教室に通うことをお勧めします。

やはり何も分からない状態で異国の地に行くのは自殺行為と同じ事です。

まず基本的な事を軽く覚えてから、台湾に行くことをお勧めします。

もし自分は、どうしても日本の中国語教室に通っていたら、怠けてしまうと言う方は、台湾に行かれるのもありです。

そこで、試練を受けて、あの時、基礎を勉強しておけば良かったと思うだけです。

何事も経験です。やって見なければ分かりません。僕自身も何も分からない状態で台湾に行き失敗を重ねました。

僕の経験から言って下の三つはとても重要です。

  • 基礎を学ぶ
  • 現地の友達を作る
  • 目標を掲げる

この3つを頭の中に入れとくだけで、だいぶ変わっていきます。

step
3
基礎理解:何から始めればいいか分からない

これは正直言って僕も最初何から始めれば良いかわかりませんでした。

そこで僕は本を買い、毎日1ページ、慣れてきたら2ページ、3ページと、やって行き、ちょっとずつ中国語とお友達になって行きました。

ざっくり流れを言うとこんな感じ。

「自分に合った教科書を買う」

「毎日何ページやるかを自分で決めて、守る」

はっきり言えばこの二つだけ。

意外と簡単でしょう!

一番大切な事は、「今日は疲れたからやらない」この気持ちを無くす事です。

毎日根気強く1ページなら1ページ、と目標を掲げる事で、自分自身を追い詰めて行くことがとても大切です。

step
4
実践練習:とにかく現地の人と喋りまくる

現地の人じゃなしに、台湾に住んでる外国人の八割は中国語がとてもお上手です。

そう言った人たちに話しかけるのも一つの手です。

けれど

他人と話すのは苦手だ。

自分の中国語は、まだそんなに自信がない

このような人をよく見かけます。

実際に僕は、他人と話すのは好きな方だけど、最初の頃は、自分の中国語にあまり自信は持てませんでした。

けれど、せっかく台湾に来て、自分の中国語を試さないのは勿体ないという気持ちが僕には合ったので、無理矢理、中国語を話すと言う環境に自分を起きました。

例を挙げると

「ナイトクラブに行ったり、」「バーに行ったり、」「パーティに参加したり、」

と僕は色々な事をして行く内に、知らぬ間に話せるようになりました。

正直、自分でもびっくりです。

いつの間にか、話せるようになっていたので、、、

自分のことはさて置き、どの言語でも一緒の事です。

自分を喋りざるを得ない環境に置くこと。

そうすればいい訳なんてできません。

この言い訳できない環境こそが重要なのです!

「三ヶ月でどれくらい出来る様になればいいか?」

僕のイメージ図だと

  • テレビの内容が大体聞き取れる
  • 日常会話はなんら問題がない
  • 彼女を作る

この3つが出来ていれば素晴らしいです。

自分の目標に向かって頑張りましょう。

実際にどれくらいで日常会話まで喋れる様になるのか?

上記でも話した通り、約3ヶ月程。

3ヶ月諦めず、中国語と向き合っていれば、日常会話程度は問題なくなります。

目標を設定し、環境を準備し、基礎を固め、実践に入る。

この流れを意識しましょう。

3か月で達成できる前提として、継続←この2文字が必要となってきます。

継続のコツとして、中国語学習をFPSゲームと思う事。(終わらないゲーム)

やればやる程成長するゲームだと思いましょう。

自分自身をこの様に洗脳する事で、1日でも長く中国語学習を継続しましょう

中国語学習まとめ

皆さんの周りで中国語がネイティブに話せる人は何人いますか?あまりいないのではないでしょうか?

そんな中で、中国語を学ぶことによって、将来、他の友達よりも優位に立てると思います。

最近では、中国語は英語よりも需要性があるとまで言われています。

中国語が話せる事で、仕事の幅が広がったり、他国の友達ができたり、

色々なメリットが生まれてきます。

もし、中国語に興味がある方、学習を始めたい方が友達にいたら、是非誘って一緒に学習しましょう。

ymtwblog

このブログでは台北在住4年目の僕が、台湾情報、中国語学習について発信して行きます。当ブログを見て台湾の事が一層好きになってくれると嬉しいです。また、台湾に留学したい方のための記事も書いているので、是非ご覧ください。

-中国語学習

© 2021 YMblog Powered by AFFINGER5